Valentine Day’sイベント:渋谷ロフト – バレンタイン ハッピースヌーディング

original_shibuya_bnr1階間坂ステージで開催の「Valentine’s Day フォトジェニックスタジオ」。非日常体験を写真に残し、「シェア」することを楽しむためのスペシャルワークショップを開催いたします。

【アームニッティングでスヌードをつくろう】
ドイツ出身のニット作家、ベルンド・ケストラー氏を講師に迎えワークショップを開催します。カラフルな極太毛糸を素材に、道具を使わず腕だけでスヌードを編み上げます。年齢を問わず手軽に楽しめるアームニッティングは作品だけでなく、その工程もまさにフォトジェニック。「LUMIX GF9」で写真や動画も撮影してみましょう。

■開催日時:2月4日(土)・5日(日) 各日 午後1時~午後7時
■開催場所:1階 間坂ステージ
■参加費:税込3,780円~ 
        ※材料の糸はグラム販売です。使用する糸の量により変動します。
■所要時間:60分程度
■定員:1日最大30名さままで
■事前予約を店頭・またはお電話にて受け付けております。
  6階 アート&カルチャー レジカウンター、もしくは 03-3462-3837(直通) までお問い合わせください。        

●企画協力/YANAGIYA

ワークショップ@Presse – 札幌

flag_of_sapporo2月11日/12日に札幌市のPresseでワークショップがあります。Bloomの毛糸とショッペルの毛糸も持って行きます。是非、参加して下さい。

1. スパイラルソックス

日時  :2月11日(土)10:00〜13:00
     2月12日(日)14:00〜16:30(2回とも同じ内容です)
受講料 :4500円(材料費・書籍代は含みません)
場所  :
presse

ワークショップのご案内

2. ブリオッシュ編みのスヌード

日時  :2月11日(土)14:00〜16:30
受講料 :4500円(材料費・書籍代は含みません)
場所  :presse

ワークショップのご案内

ワークショップ@湘南 T-Site

tsite今月の26日に湘南 T-Siteでワークショップがあります。是非、参加して下さい。

イベント情報

1: スパイラルソックス

2: ブリオッシュのスヌード

会期:2017年01月26日(木)

時間:(1) 10:30~13:00(満席)
   (2) 14:00~16:30

場所:1号館2階 湘南ラウンジ

Happy Knitting 2017

第56回 日本クラフト展

jcda_haori02a今日は第56回 日本クラフト展を開始しました。この間NHKすてきにハンドメイドの番組で着ていた羽織もが展示されています。是非、見に行って下さい。

展覧会

東京ミッドタウン・デザインハブ特別展第56回日本クラフト展 -くらし心地-
2017年1月7日(土)~15日(日) 

東京ミッドタウン・デザインハブ
     (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

公益財団法人 日本クラフトデザイン協会
東京ミッドタウン・デザインハブ
経済産業省・文化庁
公益財団法人日本デザイン振興会・毎日新聞社
・工芸都市高岡クラフトコンペ実行委員会

Medusa Bag – メヂューサバッグ

medusa_bag01a私はアスターステッチの模様を使って、メヂューサバッグを編みました。最初かぎ針で底(12割、11段)を作りました。それから輪針で144目を広げました。後で私の本の25ページにあるアスターステッチメヂューサの上の半分を編みました。ガーターの巾着分を編んで(12穴)、フリンジで終わりました。裏地も入れました。

毛糸はショッペルの

  • Admiral Melange Col. 9263 (グレー)、
  • Life Style Col. 1341 (ピンク)

Happy Knitting

medusa_bag05amedusa_bag03amedusa_bag02a

東北講習会 – Finストール

WS01来週私は東北で2ワークショップがあります。その時に新しいキット「Finストール」を紹介します。

フィン(ひれ)のような形が特徴的なストールは、身体にフィットするデザインで、そのまま掛けたり、巻いてミニケープ風にしたり、色々な着こなしか楽しめます。

ガーター編みとゴム編みで作るので、編み方自体は単純で、初心者の方にも取り組んでいただけます。

是非、皆さん、参加して下さい。

講習会

  • 9/8(木)
    ショッピングセンタートピア
    2F手芸の店ルピナス
 岩手県遠野市新殻町1-11
電話:0198-62-9821
Finストール
 
 青森県八戸市十三町日町13番地
電話;0178-24-7545
Finストール

 

Coffee Cup Poncho – コーヒーカップポンチョ

olumpus_poncho01a三月に私は毛糸の展示会のため名古屋へ行きました。帰り前に毛糸の会社おリムパスと会いました。ミーティングの間にコーヒーを持っていました。話しながら、私はコーヒーカップのプレートを見つめました。それは非常に興味深い幾何学的なパターンを示しました。それは私にポンチョのためのインスピレーションを与えました。オリムパスは私に新しい毛糸「ツリーハウスベリー」の1セットを与えました。各色の1つのボール。

Plate01In March I visited Nagoya for a yarn exhibition. On my way back I had the opportunity to meet with the yarn company Olympus. We had coffee during the meeting. While we were talking I couldn’t help to look at the plate of the coffee cup. It had a very interesting geometrical pattern. It gave me the inspiration for a poncho. Interesting enough Olympus gave me a set of their new yarn ‘Tree House Berries‘. One ball of each color. 

家へ戻ったら、そのプレートとポンチョについて考えました。あまり時間がなかったので、大森の生徒と話しました。ポンチョの絵の見返りに、彼女は毛糸とポンチョを貰います。私は彼女アイデアと編み方を説明しました。彼女は最初、ゲージと三角のサンペルを編みました。ポンチョは引き返し編みで作りました。それぞれが、毛糸の1玉で編成されていました。三角のジオメトリが出て動作させるために、特別なステッチを考えました。

olumpus_poncho02aBack home I kept thinking about the plate and my idea for a poncho. I didn’t have time to knit it, but really like the idea. So I asked a lady at my knitting class in Oomori to knit the piece for me. In return of a picture of the poncho, she would get the yarn and of course the poncho. I explained her the idea and how it could be knitted. She first made a gauge and a first sample of one of the triangles. Each is knitted using short rows and one ball of yarn. We had to invent a special wrap and turn stitch, to make the geometry work out.

昨日、彼女が完成ポンチョを持つ教室に来ました。私は本当に彼女が色を使用する方法が大好きです。作品は、現代アート作品のように見えます。これは、バウハウスの絵のことを思い出します。

Yesterday, she came to the class with the finished poncho. I truly love the way she used the colors. The piece looks like a contemporary piece of art. It reminds me of a Bauhaus painting.