Kunststricken 2.0: German lace möbius – ドイツのレースのメビウス

lace_moebius02昨年、私は1924年から旧ドイツレース(クンスト編み)書籍の復刻版を買いました。それは、古いドイツのゴシック様式の書面で書かれています。モデルの一つは、レースの襟です。私はかなりそれが好き、けど使用していないので、他のものを考えました。目の量を倍増し480目になり、メビウスのために作り目をしました。それとは別に指示が言ったように、正確に作品を編みました。

lace_moebius01チャートはに従ってあまりにも難しいことではありませんでした。襟は凸形状であるように、目の量は、最終的に1344になりました。毛糸は綿、針は2.5 mmです。古い編み図やテクニックを使用する方が、現代的な作品になるのは面白いだと思います。それは、編み物が常に最新の状態にあることを示しています。今、このメビウスから別な物を考えて、アイデアを持っています。それのために特殊な材料を見つける必要があります。つづく…

lace_moebius04Last year I bought a reprint of an old German lace (Kunststricken) book from 1924. It is written in old German gothic writing. One of the model is a lace collar. I quite liked it, but as I have no real use for it, I thought of something else. I doubled the amount of stitches to 480  and casted on for a möbius. Apart from that, I knitted the piece exactly, as the instructions said.

The chart was not as difficult to follow, as I thought. As the collar has a convex shape, the amount of stitches grew to 1344 in the end. The yarn is cotton knitted with 2.5 mm needles. I find it interesting to use old charts and techniques, but turn it into something contemporary. It shows that knitting is always up to date. Now I have an idea, what to make from this möbius, just need to find some special material for it. To be continued…

Advertisements

One thought on “Kunststricken 2.0: German lace möbius – ドイツのレースのメビウス

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s