日本歴史の中で編み物をする男性

私は編み物男子です。周りの人が私を編むする見たとき、驚いています。だから私はcちょっと研究をしました。

吉見木原の2002年の記事によると、日本の編み物の歴史においての松川伊三の重要性を説明しています。

松川は1880年代にキリスト教に改宗し、宣教師からニットを学びました。これはさほど珍しいことではありませんでした。西洋文化は1800年代後半にさ らに普及するようになり、多くの日本人学生が宣教師の学校でニットを学んでいたからです。いずれにせよ、木原によると、松川は手編みの技術を一つ上の段階 に押し上げました。それは”図表を使った日本方式の手編みのパターンをある程度の最初の段階で取り入れることで[松川方式]をたどることが出来ます。この 方式は彼が最初に考え出したアイデアで、キャンバス上の刺繍のパターンをニット編みのパターンに合わせて使用する方法です。”

1800年代半ばに、彼は編み物を教えるワークショップを数多く開催し、1886年には”Step by Step Knitting Pattern(一歩一歩の編み物パターン) ”を出版しました。

松川本は、国立国会図書館オンラインで見ることができます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s